バルセロナ移住計画

日々、バルセロナへ移住するまでの珍道中を書いていきます

半年ぶりの日記

気がつけば2019118日。

(もう日付は19日になろうという時)


半年ぶりの日記になるとは思わなかった。

まぁただサボっていたのだ。うん。


この半年はあっという間だった。

この半年間、チャイニーズファンでホール業務から仕込み(まだ初歩♡)から小籠包など点心全て、ラーメン作り、鍋振り、雑用をやってきた。

朝から晩まで。毎日15時間~16時間。


毎日、その日を終えることがいっぱいいっぱいだった時期もあった。

今はだいぶ慣れてきたが、それでも早く1日が終わることをいつも祈って暮らしている。

早く時が過ぎることを願いながら生きる毎日はつらい。


去年の10月には、バルセロナの店での研修を兼ねた休暇ももらった。当初は運賃も会社負担、

渡西中も労働条件は変わらないと聴いていたが、曖昧になって結局は自己負担だった。

まぁそーゆーところは予想できる環境にいるから仕方ない。


 予定では、3月にVISAがおりてバルセロナへ行くことになる予定だ。ただ、そーゆー環境にいるわけなので曖昧され延ばされる可能性も知っている。そしたら、いっそ辞めて他の選択肢も考えなくてはいけないな。

もう長居しても仕方のないことだ。


どちらにせよバルセロナでどう生きるか、

どう生きたいか。

仮にバルセロナへ行くことができなかった場合、俺は自分のために生きる。

それは、バルセロナへ行っても同じだ。


半年前、俺は息子に会いたくて、息子のそばにいたくて、この選択肢を選んだ。

それは何も後悔していない。

田中さんや社長、みんなに心から感謝している。


ただ、俺が一番助けて欲しかった時に、

約束していたはずなのに、

離婚を口にし癇癪を起したタチアナにはもうかかわらない。

関わりたくない。


諧にはいつも逢いたい。


おやすみなさい

夢の続き

高崎に来て2週間弱が過ぎた。

これから来年の2月までまだしばらくある。

日々、忙しくも淡々と過ぎて行く。

小池さん(現店長)からいろいろ駆け足で引き継ぎを受けている。

昨日は閉店後、24:00過ぎから小池さんの送別会に参加した。

アルバイトやパートの人たち総勢、8人だ。


まだ仕事に喜びは見いだせていない。

というか、労働になっているな。


労働になっているから面白くもないわけだ。

少しづつ吸収している時だからでもあるが、

完全にカマレロだ。


早く料理を覚えなくては。

早く料理を覚えたいし、

小籠包も次に進んで完了したい。


半年間という月日はあっという間にだろうか。


自分から仕掛けていくために

何ができるだろうか。


店と家との往復の毎日をどうやってクリエイティブに楽しいものにできるだろうか。


8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月。


私には家族がいるんだろうか。

そんな想いになる時がこの1年間たたあった。

去年から諧と過ごしたのは45日だ。


今は自分を楽しませたい。

自分を楽しませたい。


それが俺には一番大事なんだよ。

自分が心地よくあること。


俺が楽しいことが1番!


じゃなにで楽しむの?


夢だな夢をみよう




時間割り

f:id:haruhiko1221:20180803111757j:plain

高崎のガストから書いている。

高崎に転居して3日目。


未来へ向けておもしろく毎日を生きるために、

自分を抑えないことなんだが、なかなか出来ていない。

だからできるだけ楽しくやることだ。


真面目さはいらない。

楽しいことだけやる。

そう誓ったじゃないか。


高熱の高崎からはじまる新体験を、

楽しもうか。


それよりもどんなプロセスをつくっていきたいか。

計画してみるか。


仕事中にメモがわりにしていた日記は、

母の最期からBOOM Mediaまでのことがかかれている。

それから、変わらず書かれている青くさい希望と願いだ。

手にした希望とこれから手にする希望。

やってこなかった希望。


スペイン語 のゴールを決める

・鯉口の金を集める

鯉口シャツをつくる

・小籠包マスター!

バルセロナに家をかりる。

   最高な家がみつかる → 10

バルセロナで不動産事業をはじめる

・たくさんの世界中のアーティストたちと仕事がしたい。

    映像、コマーシャル、食、アート


スケジュール

店全体のこと把握

8月前半: 店長業務引き継ぎ

    ハンディ、インカム、在庫表、注文表

8月中期: 在庫管理、仕入れ業務

   エクセル管理??

8月後半:料理実践(小籠包)


料理について、酒について

9月前半: 仕入れ管理

    スタッフ管理

9月中期: 料理実践

9月後半: 料理実践とWeb制作


料理実践と進化

10



店舗経営

11バルセロナ



料理実践とプロモーション

12


実践アップグレード

2019 1


実践して自分の商品をつくる




Keep Yourself Alive

自分のために生きろ
楽しいことだけやれ
好きなようにしろ

昨日、高崎へ荷物を運び終える
往復で6時間以上。
一般道なんか使ったら10時間以上だ。

バルセロナで最高の遊びをするために、今から遊ぶだけだな

Keep Yourself Alive

Keep Yourself Alive

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250

青雲の志

f:id:haruhiko1221:20180718013048j:plainf:id:haruhiko1221:20180718013002j:plain

f:id:haruhiko1221:20180718013159j:plain

「青雲」それは君がみた光

僕が見た希望 「青雲」それはふれあいの心

幸せの青い雲


そういうことなんですよ!


青い空と青い海、気持ちいい風。

バルセロナはほんとうに気持ちいいバイブレーションが土地から海から充満しているから人々を引き寄せる。


それは、山と海が開けた場所にある土地のつくりにある気がする。

そして、何よりもその気がいい場所だと思う。


東京、横浜の空気濃度が3だとすると、

バルセロナは15くらいある。

つまり体感として5倍濃度が濃い空気がある。

これは大袈裟ではなく、俺は体感としてそう感じる。


観光客や地元関係なく、心地よい空気が流れている。


この空気はバレンシアにも似たものがあるが、バルセロナほど濃厚ではない。


トレドは城下町のような哀愁があり、

マドリッドはどちらかというと、

もっと閉じた都会のスノッブさが空気にあり

楽しい気分にはやはりバルセロナほどならない。

マラガも目の前が海だが、

衰退している感があるからか、

街が小さいからか、悲しみが含まれている

土地な気がした。(もう10年以上前の話だが)


楽しい気が流れる土地という意味では、

ギリシャサントリーニ島へも行ってみたい。

ギリシャはまっすぐミコノス島へ行ったから、俺はミコノス島しか知らない。

ただ、そこで会った親父がサントリーニはホッピングするような気が流れていると言っていたのが今でも覚えているし、気になってもいる。いつか行きたい島だ。




ミコノス島は、とても静かで

そしてとても寛大な島だった。

冬にいったのもあったかもしれないが、

とてもとても爽やかな風が吹く中にも、

厳かな空気をもった島だった。

一人でいる最高の楽しみを与えてくれたのがミコノス島だった。


おそらく、サントリーニは暖かい空気が流れているのだろう。そんな空気は誰かとシェアしたいと思わせるのだろう。



バルセロナサントリーニ島マヨルカ島

そして、ハワイ島にも行ってみたい。


諧とタチアナ連れて島を巡りたい


ギリシャにも住んでみたい

高崎からはじまるBarcelona生活

今週の週末(土曜日と日曜日)を使って高崎の店を手伝いにいった。

星野社長、木村チーフ、ロウさん、三島さん、小松さん、アルバイトの子たち。
みなさん、店のスタッフとしてかなり党勢のとれたレベルの高いチームだった。
 
お店が地元では有名な?高級料理店ということもあり、地元の家族づれが多い。
また、老夫婦や女性マダムたちをよく目にした。
初日、土曜のランチはヒマだったが、夜は賑わった。
日曜日は、とにかく忙しく今年初の売り上げをたたきだして大繁盛だった。
 
そして、日曜日は郁美さん、田中さんとも共通の知人である
とにかく明るい渋谷さんも家族で来店していただいていたので驚いた。
 
まあ、とにかく高崎はクソを超えて異常に暑すぎる。
 
東京はあらゆる意味で人間の住む場所ではないが、
高崎はありえない暑さという意味で住む場所ではないと悟る。
 
寮にも行ったが、こちらは前の住民のジョエル(スペインからのインターン)が
有難いことに掃除しないで帰国したままにしてくれていて、
さらに布団が2セットそのままだったり、ゴキブリいたり(まぁ当たり前にいるだろうが)
いつからのかわからないウォーターサーバーがあったりと、
住みやすい独居房全開の環境でテコ入れありすぎることへ感謝した。
 
なぜに40度近い、超える?高崎に人は住めるのか?
なぜに高崎は観光名所がないのか?
なぜにYAMADA電器の本社が駅前にあるのか?
 
なにもない高崎での半年がこれから始まろうということに武者振るいするしかないな。
 
東北から広島までの本州は、人の住む環境ではないと信じているからして、
もう過去を捨てるしかないな。
 
そんで、話を戻すと………………
初日から覚えることが沢山ありすぎてどうなるかと思った。
そして、休む暇などない忙しさがエンドレスなのだ。
こうした忙しい、緊張することを強いられる環境に、

f:id:haruhiko1221:20180717015144j:plain

軽いアドレナリンが出るのが楽しいのだろうか。
退屈しているよりは、まぁいいだろうが。
 
明けて、本日、月曜日は高崎からそのまま武蔵小杉で親父、弟とおちあい、
たまたま発見した「孤独のグルメ」に登場した三ちゃん食堂へ行く。
 

f:id:haruhiko1221:20180717015224j:plain

ただ、満席だったため向かいにこれまたたまたまあったパワーズで一杯飲むことにする。
 
 
んで、、、三ちゃん食堂入って飲んで、食って、写真も撮って、
それから高架下のよくわからないダイニング&バーでアイスやコーヒーを飲んで帰宅。

f:id:haruhiko1221:20180717015447j:plain

 
心地よい場所、バルセロナに住んで、楽しく生きる。
これが何よりだし、ここがスタートだ。
 

f:id:haruhiko1221:20180717015549j:plain

   Viva 高崎  →  Barcelona !!

どう思われてもいいさ

誰にあたる言葉なのか。

誰のための言葉なのか。

正直であること。

ほんとうは、、のそのほんとうを生きること。

20代に聞いた声に従うこと。

もっと、求めること。 

弱さを感じて認めること。

身をまかせること。

f:id:haruhiko1221:20180712033148j:plain